トコトコ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 同時代に出会えてよかった!

<<   作成日時 : 2009/07/24 23:31   >>

トラックバック 0 / コメント 6

携帯のスポニチでは矢野さんインタが前編でしたが新聞紙上では全編掲載されていました。
矢野さんらしく誠実にかたってくれている内容でしたが、その内容は衝撃でした。

読まれていない方もいらっしゃるかと思いますので要約だけでも。

画像


最初に復帰試合でのシートノックが印象的だったと。大きな声援をもらえたこと、大勢の観客の中でプレーできる喜びを感じたと。そしてまだ何も貢献できていない、今の僕に求められているのは試合に勝つこと。そのためにベストを尽くすのみだとの決意を語っていました。

さらになぜ、ここまで時間がかかったかということについて術後は順調だったが安芸キャンプ最終日前日に強めのスローイングをした時にピリッときたと。それをリハビリ過程で一時状態が落ちたと思っていたが、その後も一進一退の状態で4月23日の精密検査で「右ひじ内側側副靭帯損傷」で完治には手術しかないとの診断が下されたこと。しかし年齢、立場を考え手術はしないことに決めたと。引退のことも毎日考えたし心の葛藤はすごくあったと。

この靭帯の損傷は投球動作によって生じることが多いそうで特に投手がいためることが多いみたいです。矢野さんが完治には手術しかないと言っていますので損傷はかなり酷いということなのだと思います。これについてNETや書籍で調べれば調べるほどその厳しい現実に胸が詰まる思いです。

吉田コーチが連戦は無理。再発したらおしまいということもあると語っているので、後半戦も週2回くらいのマスクになるそうです。矢野さんが増やしたいと言ったら相談するとのことでしたが。

「このまま終わることはできない」。
それが鳴尾浜でリハビリしていた時も今も僕を動かす大きなモチベーションですと・・・。
また”ファンの中にもいろんな考えがあると思います。「将来のことを考えたらキャッチャーは狩野を使え」という方もいれば僕のことを応援してくれる方もいる。その中で僕ができることは、今まで応援してくれたファンの方に、元気な姿をお見せする。それが恩返しだと思います”と・・・。

「今、僕はレギュラーではありませんが、再びレギュラーになることを諦めたわけではありません」と。
このレギュラーでないと自分の立ち位置を見つめ、なおかつ奪い返すのだという強い気持ち。今までの実績ではなく今の実力で立ち向かおうという気迫。私が思っている以上に矢野さんは強く、雄雄しく、そして冷静な人ですね。
矢野さんは決して華やかな表舞台を歩いてきたのではないことは皆さん、ご存知だと思います。その苦難の連続の野球人生だったからこそ、矢野さんは一プレイヤーとして前を向き続けていられるのかもしれません。プレーでチームに貢献したいという気持ち。そしてプレー以外でも勝利に貢献したいと考えているという気持ち。
矢野さん・・・ほんとに素敵過ぎます

ああ、あと自分のHPへのメッセージは受けとめる余裕がなかったのでリハビリ期間中は一切、見れなかったそうで復帰にあたって、ようやく見ることが出来たそうです。

「こちらがファンのみなさんにお礼をしないといけないのに、たくさん励ましのメッセージをいただいていました。”戻ってきてくれてありがとう”暖かい言葉に、どれほど勇気づけられたかわかりません。最後になりましたが、その人たちの気持ちに応えるべく、後半戦も全身全霊を傾けて頑張ります」

今回の手記には衝撃を受けましたが、ストンと気持ちが落ち着きました。
矢野さん自身の言葉できちんと状態を語ってくれたことで、覚悟ができましたから。
そんな厳しい状態で引退をも考えながらもファンの前に戻ってこようという気持ちを持ち続け戻ってきてくれたんですよ!私たちファンにとって、それは何にも変えがたい素晴らしいプレゼントだと思います。



2005年の優勝時に、あとどれくらい矢野さんの勇姿を見ることができるのだろうかと思い、2006年からは勝ち試合(矢野さん出場)を録画してきました。2008年には矢も立てもならず何試合も球場に足を運びました。

そして2009年・・・これからはもっともっと矢野さんが出る一試合一試合が私には珠玉の宝物になります。
一秒たりとも目を逸らさず矢野さんの姿を生き様を見つめていたいと強く思います。
同時代に生まれて出会えたことを幸せだと、矢野さんのファンになってよかったと心から思います


ありがとうほんとに戻ってきてくれてありがとう
その言葉しかありません
矢野輝弘40歳 まだまだ大輪の花を咲かせてくれると信じてます


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
sorakoさん、今晩は。

矢野様の記事、携帯スポニチの方で読みましたが、私も衝撃を受けました。肘の状態が想像していたよりも悪いものだったという事や、引退も考えたという事とか…胸が痛かったです。
これだけの事を話されるのは勇気がいると思います。でもそれだけ「このままで終われない」という気持ちが強いのですよね。そんな矢野様の真摯で前向きな気持ちと、チームへの思いにこれからもずっとずっと応援して行こう!と改めて思いました。
本当に戻ってきてくれてありがとうございます!その言葉しかありませんよね。また矢野様の1試合1試合を大切に見ていきたいです。まずは後半戦でのスタメンマスク勝利…球児と笑顔でハイタッチです。

コメント遅くなりましたが、sorakoさん矢野様インタ取り上げてくださってありがとうございました。
かめりん
2009/07/26 02:10
SORAKOさん、いつもいつも本当に素敵な温かいレポ、そして、矢野さんのインタビューの詳細、画像有難うございます。いつもなのですが、ここを読みながら涙がでてきてしまう。それは、矢野さんの計り知れないいろいろな思いを知ることができることも、もちろんなのですけれど、SORAKOさんのなんて温かいんだろう〜矢野さんに対する想いの温かさの言葉ひとつひとつがすごく自然に素直に私の心に響いて伝わってくるから。だからこそ、またこのサイトをのぞきたい、このサイトに来て良かったって思える。

でも、矢野さんって本当に素敵な方ですよね、真のスポーツマン、心から野球を愛している方、戻って来て下さって本当に有難うって私も思います。これからの後半戦、もっともっと矢野さんの姿をしっかり目に焼き付けて応援したいと思います、矢野さんファンで本当に良かった!
なお
2009/07/26 15:56
私もスポニチ紙面で読みました。復帰までの矢野さんの気持ちを思うと言葉が浮かびません。注射のことなど不安も感じます。が、元気な姿を見せることが応援してくれた人達への恩返しという言葉通り、矢野さんは戻ってきてくれたんですから、ただただ応援するのみですよね。肘が少しでも良くなっていくことを祈りながら。
冷静で淡々とした矢野さんの言葉にかえって強い気持ちを感じました。 

リハビリ中の矢野さんの情報がなかなか伝わらなかった中、sorakoさんのお陰で矢野さんの頑張りを知ることができ、本当に嬉しかったです。 これからも温かいブログを楽しみにしています。 
かーる39
2009/07/26 23:09
かめりんさん♪
矢野さんがちゃんとファンに向かって話してくれるってことは、たとえどんな辛いことでも嬉しいですよね。
肘のことはまさか靭帯だとは思わなかったですが、連戦もできると自分の中で思えたから復帰しているのだと思います。
鳴尾浜でほんとに真摯に野球に向かい合っていた矢野さんですから、後半戦も真摯で熱いプレーでファンをチームメイトを魅了してくれると思います。
引退は考えてるとおもいましたよ(笑)
2007年の脹脛リタイアでも考えた言うてましたもん。まあ、常に身近なことなんだと思いますよ。
sorako
2009/07/27 00:33
なおさん♪
私のブログが温かい目線を感じていただけるとしたら、それは矢野さんの生き様が温かい人間味溢れてるからなんだと思います。
私はけっこうキツイ性格なんですが(笑)こと矢野さんに関しては素直でいられるんです。それは矢野さんの魅力のおかげですね。
矢野さんのインタなどを見聞きするたびにファン度が深まっていく。矢野さんは決して派手な選手でないから余計にその言葉が沁みるのかもしれませんね。
後半戦も矢野さんの姿をお互いしっかり応援していきましょうね♪
sorako
2009/07/27 00:37
かーる39さん♪
この記事を読み鳴尾浜での姿を思い出し、矢野さんの「このままでは終われない」という気持ちをあらためて感じました。
鳴尾浜行きはもちろん矢野さんの姿を見たい!という気持ちからでしたが、ブログにきてくださる皆さんが喜びのコメントやアクセスをしてくださるので励まされて継続できたことだと思ってます。
矢野さん復帰にあたり見聞きしたくないような言葉もありますが、引き続き矢野さん萌えで頑張りたいと思いますので又覗いてやってくださいね☆
sorako
2009/07/27 00:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同時代に出会えてよかった! トコトコ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる