考えさせられた

画像
意識の持ちようでホントにかわるんだなと感じた試合でした。

内海は過去の戦いから1点とられたら負け。援護はないと自分を追い詰めてたような気がします。勝てない投手はそこでドツボなんでしょうね、

でも今夜はトリ様々です。タイムリーがうれしかった。

最後はテンションだだ下がりでしたが(T-T)(T-T)(T-T)

この記事へのコメント

ゆり
2009年08月15日 10:24
お久しぶりです。すごく前にコメントさせていただいたんですけど…
矢野さんは段々出場機会が減っているような気がします。それと最近先発マスクで勝ててない、被弾が多いなどマイナス要素の方が目立ってて狩野くんの方を信頼してるのかなあと(涙)
確かに矢野さん調子が何もかも悪いみたいですが与えられた条件も厳しいんですよね。
ひょっとしたら安藤さんの女房役からはずされるかも。下さんもローテからはずれるともう矢野さん出番がないですよね(ToT)最近試合展開のせいかもしれませんが代打でも出てません。浅井さんが戻ってきたから右の代打が必要ないから?
広島戦で4点差なのに球児‐矢野だったのに昨日は違った。4点差で矢野さんを信用できないのかな。それとも僅差だったら矢野さんだった?といろんなことが頭の中で入り乱れてます(ToT)
おさかな
2009年08月15日 11:19
昨日の9回は私もテンションだだ下がりでした(T_T)
そしてたくさんネガティブなことを考えてしまいました・・・。

今日、関西では試合前に川藤氏と矢野さんと狩野君の対談が放送されます。
こうやってTVに出てくる機会があるだけいいのかもしれませんが、
自分が守ってきたポジションをがっちり奪うかもしれない
若手選手との対談なんて仕事、受けて欲しくなかったです・・・。
そんな対談してる時間があるなら
次の出場機会のために研究していて欲しいし、
バットを振っていて欲しかったです。

この自分の意見にはちょっと自分でも偏屈な考えに
陥ってるのかも?と思っています。
でも、私は喋ってる矢野さんより、
試合に出ている矢野さんが見たいんです・・・(T_T)
おさかな
2009年08月15日 14:53
朝に書いた対談を見ました。思いっきり【ネタバレ】です。


お互いこのインタビューの仕事を受けるのに
正直、受けるのをどうしようかと思ったが、
川藤さんなので、ということで受けたそうです。
矢野さんは
「自分はこうだったから狩野もこれから経験を積んで~」
という話が多かったように感じられました。
後半戦での自分の役割は
「力が足りないということを自覚して
見つめなおすという気持ちでやっていかないといけない」
「今年は自分も遅れてきてしまったので
ベンチにいる時は気づいたことを伝えていきたいし、
何もできないのであればしっかり声をだして応援したい」
という感じでお話されてました。
自分の現状に関しては聞かれた肘のこと以外
あまり話さない、いつもの矢野さんでした。
「良い大人」じゃなくて、もう少し自分の気持ちを
語って欲しかったなと思う内容でした
sorako
2009年08月15日 23:22
ゆりさん♪
コメントありがとうございます!お久しぶりです。
ところで矢野ファンとしては胸の痛い毎日ですよね・・・。肘の状態がどういうものなのかはわからないですけど、監督にとっては開幕から一緒にやってきている狩野くんのほうが自分を理解している捕手だと見ているんじゃないでしょうか?それに若手育成というのもあると思います。
矢野さんの起用については正直に言って復帰したとき吉田コーチの「使い方に悩む」などのコメントから歓迎されてないんかなと疑心暗鬼になったままです。
ただ確かに結果が出ていないので結果を出すしかないですよね。
そして代打については私もちょっと出してほしいなと。
あと昨日、矢野さんが出なかったのはセーブつく場面でなかったからかなと自分に言い聞かせています。広島の時は交代の指示の際はセーブつく点差でしたからね。ただ釈然とはしてないですけど(笑)
矢野ファンはみんなそうでしょうね!でも一緒に応援がんばっていきましょうね。
sorako
2009年08月15日 23:31
おさかなさん♪
テンションさがりますよね~(笑)。4点差で調整登板だからそのままだったと考えるようにしていますが、今後も抑え捕手として矢野さんを起用するなら矢野さんの調整も考えてよと思った次第です。
前回の広島戦でビシッとしめた後だけに余計になぜ?が飛び交ってしまいました。

そして対談情報ありがとうございました。まだ実家にいたので見ることは出来たのですが・・・肘についてやはり痛み止めを打ち続けている状態だというのを聞いて、やはり無理はできないんだろうなぁと。だから4点差なので出なかったのかなとも。週2が限界なのかもしれないなと思ったりしています。
まあ、この対談はこんな企画を考えた読売TV側に腹がたちましたね。矢野さんの言うとおり矢野さんが断るのはオトナゲないって言われるだろうし、かといって狩野くんも断れない。何がしたいんだろうか・・とマスコミの嫌らしさをあらためて感じました。
私は矢野さんの大人な対応に人としての品格を感じ「ああ、矢野さんって自分の感情とかを律して話しできる素晴らしい人だな」って思ってました。もしかすると矢野さんはそういう優等生的な自分のことが好きではないのかもしれないけど、そういうふうに行動してしまう。そんな矢野さんがとてもとても愛しく思えるのです。

この記事へのトラックバック