正月気分もすっかり抜けたw

お正月あけの3連休は帰省する立場からは、ありがたいなぁって思うのですが、それならもう少しお正月ゆっくりしたかったなとも思うのです

さて成人式って同窓会のようなものでワイワイと外で話し込んで講演会とかあんまりちゃんと聴いた記憶はないのですが今年の西宮市の講演会なら絶対に最前列でききくなるなぁwww。
そう、矢野さんです!


画像


場所は鳴尾浜隣の体育館だと思うので、その場所すら懐かしいですね。
でもさすがにこれは行けないですからね(笑)

それにしても『大人』になれているのかな?とわが身をふりかえって反省しきり。年を重ねていくことだけでは大人ではないですし、自分が年齢相応の人間になれていないな~とつくづく思います。
最近、あまり本も読んでいないし、ここはひとつと今年に入って読書を意識しています。

ということで今年の第一冊目は
「カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 」(中公文庫) 安藤 宏基 (著)

画像


著者の安藤宏基さんは日清食品の二代目社長、インスタントラーメンを産みだした安藤百福さんの息子さんです。創業者で発明者でもあるお父さんとの関係など、息子側から書かれていますし、2代目社長としての苦悩だとか日新食品の商品開発やマーケティングについて書かれています。

こういった食品というのは非常に身近な商品だけに非常に興味深く読むことが出来ましたねぇ・・・。でも組織だとかのくだりを読んだ時には、こういうことを求められた部下というものの立場になったらと考えてまたもや日々の仕事ぶりに反省してしまうのでした(笑)
うん、もっと謙虚に真摯にそして情熱的にならないとね・・・。

これを読んだ後はこういう書籍よりは小説や歴史学の本のほうが好きなんで・・・またもや楽な本にとりかかってしまいました。それでもそういった本で活字を読むことで頭でいろいろ考えることが増えるような気もしています。
なので、またオススメの本があったら教えてくださいね!など矢野さんのように呟いてみます(笑)

この記事へのコメント

あこ
2011年01月10日 20:58
sorakoさん、こんばんは
今日の西宮市の成人式はどんな感じだったんでしょうね。羨ましいーw。
sorakoさんが大人になれていないなら、私はダメダメ人間ですよ。歳だけとった中年です。外見より内面が素敵な女性になりたいなと日々思っていますが、難しいです。
私も本をたくさん読もうと思っていますが、ビジネス書的な物は苦手で、小説になってしまいます。最近読んだのは「阪急電車」です。懐かしい名前に引かれて手に取りましたw。ここ1年ぐらいは、辻村深月さんのミステリー小説を色々読んでいます。若者向きかも?ですがw。
sorako
2011年01月10日 23:25
あこさん♪
成人式の講演会って地元の友人と久しぶりにあうので、あまり聞いていない印象があるのですが・・・。
矢野さんが自らの時をふりかえって不安の方が大きかったようなとコメントされて自分はどうだっただろうかと考えたら何も考えていなかったような気がします・・・orz

「阪急電車」は私もよみましたよ。小豆色の電車ですもん。懐かしいです。
辻村深月さんのミステリーは読んだことがないので又書店で見てみます。

この記事へのトラックバック