タイガースの試合のない夜に

タイガースの野球のない夜。たまには違う話題を・・・

父親が本好きなので、子供のころによく図書館に一緒に行っていました。そこは1階に子供用2階が一般用図書館となっているところで、父とわかれて1階で好きなだけ本を読み、借りるものを探してと私自身も本好きなので隔週の楽しい時間を満喫していました。両親曰く「本さえ与えていれば静かにしてる子で楽だった」そうで、父との図書館詣ででは1~2時間ほったらかされてたようですが、父が迎えにくると「もっといたい」って駄々こねていたのを思い出します。

そこで出会ったある1冊の本。小学2年か3年だったと思いますが、図書館で出会ったその本を読んでその世界に引き込まれ、手元において毎日でも読みたいと強く思いました。そして遊びにきた祖母にねだって買ってもらうことに。祖母と一緒にいった家の近所の小さな本屋さんにはその本はなく、はじめて「お取り寄せ」をしてもらいました。届くまでのワクワクしたのもいい思い出です。さらに誕生日には同じシリーズの本を買ってもらい、ようやく揃ったその7冊の本は子供時代の私の宝物となりました。繰り返し繰り返し読んだその本は今でも実家においてあります。初めて私を魅了したその本は

「ライオンと魔女」。そうナルニア国物語です♪

ナルニアといえばまもなく、映画化第2作として「カスピアン王子の角笛」がまもなく公開されますね~。
童心にもどって、今度は映像でワクワクできたらと楽しみにしています。特にリーピチープに逢えるのが楽しみでたまりません!!!

もちろん第1作も見ましたし、DVDも購入しましたよ(笑)。そしてなにより今の部屋にも全7作揃えてあります(爆)
今夜はもう一度読み直して心をワクワクさせて、明日のナゴドにそなえようっと(笑)

画像

"タイガースの試合のない夜に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント