なにをしてきたのかと自分に問う日

土曜日に放送されたスポーツ大陸「市民に捧げた初優勝~オリックス、大震災からの奇跡」という番組がものすごく心に沁みいりました。

「がんばろう神戸」

私は当時、東京にいたこともあり地下鉄サリン事件などの方が気がかりでオリックスの奇跡の優勝については「よかったなぁ、そしてすごいなぁ。阪神はったくもぅ・・」くらいしかなかったのですが、番組を見て当時のことに思いをはせることができました。選手も自主トレを引き上げてきたり、自主トレなんてする余裕もなかったでしょうし野球をできる環境になく準備できていなかったのだと。キャンプもなんとかそろったけれど街のこと、家族のこと、隣人のこといろいろ心に去来したと思いますしマスコミからも神戸や震災についての質問ばかり集中しようにもほんとに難しい環境だったんですね。

この神戸で頑張って野球をすることというのは戦後復興への灯火となった広島市民球場での野球を少し彷彿とさせられるような気がしました。
「こんな時だからこそ、神戸で試合をしようと決断した。」「お客様はみんな来れないかもしれないけれど、一人もいないかもしれないけど、でもここでオリックスが試合をしているということが絶対なにかのかたちで精神的にでも神戸の市民の手助けになるからいいと」こんなふうに球団が決断したのはほんとうに大きいことだったと思います。

「神戸市民のために野球をしよう」
戦力云々でなくこの気持ちがチームをまとめ優勝へのつながっていったんでしょうね。
ユニに縫いつけられた「がんばろう神戸」
開幕試合に集まった観客はなんと3万人。これって震災後3ヶ月なんですよ(涙)
そのファンの姿はみんなと一緒に頑張りたいとオリックスの選手をものすごく勇気づけたことでしょう。

神戸の人たちはイチローや田口の若手の成長と輝きに未来への希望を見て、佐藤などのベテランの老練と執念に逃げずに踏ん張ることの輝きを見たのではないでしょうか・・・。

でも勝負事はそんな簡単なものでなく、得点力の低い打線もあって思うように勝てなくなってしまう。その時に(故)仰木監督は勝つために何をするのかを徹底的にデータをよみとり活用していったそうです。そんな将の思い、神戸への思い、ファンへの思いいろんな思いでチームはひとつになって戦ったんですね。

猫の目打線、勝ちパターンの確立、仰木マジック・・・
神戸で優勝を決めるという思いはかなわなかったけど、その試合で逆転を許した平井にかけられる声援。
勝負に徹してきたけど、最後の最後に情というものもあるという采配、それが最後の方に疲れでぼろぼろの平井を決めたその位置で起用すること。
全てに心揺さぶられました。

「皆さんの笑顔が忘れられない。球場に来てくれた人の笑顔が・・・」
そう語った藤井。そんな野球が16年前にあったのだと・・・。

この16年私は何をしてきただろうか・・・。無為に過ごしてきたのではないだろうか・・・。
そんな反省をかみしめて宝物である色紙を取り出し見つめた1月17日となりました。


画像



"なにをしてきたのかと自分に問う日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント