気付けば12月後半

もうすぐクリスマス

どうもお久しぶりです!ちょっと仕事でもバタバタしていたらもう12月も後半に・・・。
このオフもいろいろあったのですが最近はもう福留のニュースばかりでなんともうんざり

どうかサンタさん、早めのクリスマスプレゼントはぜひDENAに福留を!!!

それにしても3年契約提示とかマジですか???もう笑うしかないですよ。
「補強」って「弱いもの、弱まっているものに何かを補い、一定の水準の強さに押し上げること、また、念のために部分的に強くしておくこと」の意味ですよね?阪神の補強はこの念のためなんですかね?というか最近は「増強」つまり「今までにある程度の強さのあるものに、人員、設備、能力などを増やして、さらに強くすること」をしようとして逆に弱体化しているという印象があるんです。これ私の穿った見方ですがwww

いやBクラスだから戦力ないという判断なんでしょうが、戦術に誤りがあったのではないかと考えずに無闇に戦力だけに理由をみつけてるのがこの球団なんじゃないかなぁ・・・・。私は別に補強がNOというわけではないんですが、ほんとにそこ?っていう補強はナシだと思うだけです。
それに西岡がポジション確約などいらない、競争だと発言していましたが、それって結局今までの補強には「ポジション確約」があったということですよね?
まあ藤井、日高あたりの前球団で控えだった選手にはないでしょうが思い入れのある背番号用意しますという選手にはしてそうですね
あ、でも私は西岡の入団はけっこうありかなぁ・・・若いですしトリがどうなるかわかっていなかったですからね。

そして補強でなくもうひとつ大きな出来事と言えば球児のカブス入団ですね。

まだ正直ぴんとこないけど来年の甲子園に球児の姿はないのです。私は理詰でなく情緒にふれる性質なので戦力的にという以前にとにかく寂しいという気持ちでいっぱいです。もちろん頑張ってほしいと思っているしMLBの放送を楽しみにすると思いますが、なんというか私の好きな阪神の一時代(ええたとえ二度の優勝でしかなくてもw)は球児の成長の軌跡とリンクしていたなぁと。それだけにこれで本当に本当にあの頃大好きだった阪神タイガースとサヨナラなんだなという気持ちになってしまうのです。

「ストレートという魔球」でではじめた頃のいつまで見れるのかわからないと刹那の輝きかもしれないとテレビの前でも正座してみていたあの頃、矢野さんが中腰になるだけでワクワクドキドキしたあの頃・・・もうほんとうにほんとうに過去のものになってしまいました。
いつまでも過去に囚われていたらあかんと思うし、またドキドキワクワクしたいなって思う。でも、それは補強と言う名で外からもってきてばかりの中からは生まれにくいんちがうかな?でもとにかく若手のガツガツした気持ちにドキドキできることをちょっぴり期待しています。

ところで矢野さんも読んだ「神様がくれた背番号」がコミックス化されているのですが、なんとコミックでは主人公のケンちゃんのボールを矢野さんが受けているのです!!!イベントで僕は受けれてないんですけどと話していた矢野さんを見ただけに嬉しかったですよ・・・
ただ・・・ただ・・・漫画ではなかなか矢野さんの顔って難しいだろうなぁって危惧はどんぴしゃ。ええ、ええ矢野さんはもっともっと男前だぁ・・・www

画像


"気付けば12月後半" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント