すごい楽しみ!!!

”エルキュール・ポワロが活躍するアガサ・クリスティ(1890~1976年)の未発表短編2編が見つかり、来年春、早川書房から翻訳刊行されることになった。”

ポワロの新刊なんて考えたこともなかったのでめちゃめちゃ楽しみです!!!
でも考えてみればポワロって私にしてはめずらしく本からはいったのではなくデヴィッド・スーシェ演じるTV版で引きずり込まれたんですよねぇ・・・。でも後で原作を読んでも違和感を感じないんですよ!ほんとに素晴らしい役作りだなと!何度でも何作でも見たいですね

このポワロのDVDはBOXでもっているのですが、このDVDと「サウンド オブ ミュージック」のDVDは私がネガネガになった時によく見ます。作品の良質さもあるのですが時代背景もあってか今を忘れさせて、そして元気を与えてくれる・・・そんな魅力があるんですね

来年、開幕後にこのDVDにのめりこんでいなければいいんですけど・・・←ちょっとネガですw


画像


そういえば今年の観戦振り返りってしていないなぁ・・・。明日にでもしてみますね!
でも観戦よりも私は何回、鳴尾浜に矢野さんに逢いに行ったのだろうか・・・

数えるのがちょっとコワいです(笑)



☆ご連絡です。例のミニ写真集ですが順次発送開始しました。発送した方にはメールを送っておりますのでご確認くださいませ!あと、お届け先のご連絡いただけていない方もいらっしゃいますので、メールお願いします。

この記事へのコメント

あこ
2009年12月14日 17:24
sorakoさん、こんばんは。

アガサ・クリスティですか。ポワロは、口ひげがあって『灰色の脳細胞』とぐらいしか知識がありません。
ミステリーは、ほとんど読まないですね。
若い頃は、西村京太郎を結構読んだのですが・・・。
最近は、全く本を読んでいません。
sorakoさんもそうですが、本をたくさん読まれている方は、文章構成や表現力が上手いですよね。
やっぱり、読まないとダメですよね。
ちなみに、今、読んでいるのは『竜馬がゆく』です。
昔に読んだのですが、再読しています。
矢野さんの影響だとは、言うまでもない(笑)

>観戦よりも私は何回、鳴尾浜に矢野さんに逢いに行ったのだろうか・・・。
私も大阪にいれば何回も行ったと思いますよ。
あっ、でも、sorakoさん名古屋でしたよね。
それはすごい『情熱&愛情』ですね\(^o^)/
名古屋って、関西にも関東にも行きやすくて、いいですよね。羨ましい~!!
来季はナゴドに、アライバを見に行くぞー!!
うおぃ!!!(笑)

ミニ写真集、届くのが待ち遠しいです♪楽しみ♪
そんな、幸せをくれるsorakoさんは、サンタさん?!
いや、『女神様』だー!!!
ハマ美
2009年12月14日 18:31
SORAKO女神さま!

あこさん、なあ~んといい響きなんでしょ。。
私も楽しみにしています。

ポアロさんって、熊倉さんが吹き替えして
いた作品ですよね。映像しか知りませんが
本とはすごい!!読書家はやはり文章や
コンテンツが違う...さすが。
あこさん、矢野ちゃま影響でも再読でも
すごい~ですよ。私は車通勤になって
もう何年も本の影もありません(反省)
おっ、来年の目標が一つ出来ました。
一ヶ月に一冊??やったるでー!!

セッキーと矢野さんの漫才(笑)最高です。
関西弁っていいですよね(喧嘩は怖い)
最近、方言に癒され気味です。母と色んな
土地に行って聞いてみたいね~と談話。
SORAKOさんは.....
『大阪で生まれた女やさかい~♪』かな?
たまには大阪弁でお願いできまっか?

昔は大阪弁は×、今は『好きやねん♪』
もちろん、矢野さん効果です(大照)
おさかな
2009年12月14日 19:57
アガサ・クリスティ・・・。
ごめんなさい、名前はよく聞くのですが読んだことがないです・・・。
ですが、未発表作品が読めることになったのは凄く嬉しい出来事ですよね♪
私は矢野さんがブログで写真付きで紹介している龍馬本が・・・、
かれこれ2ヶ月近く未読です(汗)。

>観戦よりも私は何回、鳴尾浜に矢野さんに逢いに行ったのだろうか・・・。
それはもう、矢野さん好きなら仕方が無いです、問題ないです(^^)
来年はチケットが取れればナゴドに行くと思います。
あとはスカスタも行くかもしれないですね~。
来季は『脱ホームゲーム』の方針でいきたいです。

メール、送らせていただきました。
素敵なクリスマスプレゼント、ありがとうございました♪
kitorara
2009年12月14日 23:26
こんばんは。
推理小説よく読みますが、中でもアガサクリスティーのポアロやミスマープルは大好きです。とてもゆったりした時代や登場人物の何気におしゃれな雰囲気がよい感じです。
デヴィッド・スーシェって言うのですねTV版の俳優さん。私は先に本を読んでいたのですが思い描いていたポアロさんにぴったりでした!!

今日は写真集ありがとうございました。


sorako
2009年12月14日 23:50
あこさん♪
私も以前に比べると本を読むのが少なくなりました。ミステリーは移動の電車の中で読むのに丁度いいんですよ。各地へ遠征行く時の移動用に読んでます。
ちなみに私は文章力ないですよっ!!!仕事でもいつも頭抱えていますものw

写真集はつくっている時に余計なことを考えずに幸せな時間となるので私にとっても楽しいものでした。なので全然"女神"ではないですよ~。ほんと照れるじゃないですかっ!でもありがとうございます。
sorako
2009年12月14日 23:56
ハマ美さん♪
>熊倉さんが吹き替えして
そうです!それです。私も最初は吹き替え版で見たのですが今はもっぱらDVDの英語版です。
本は最近あえて児童書を図書館で読んだりしています。子供の時のワクワク感だったりを再確認したり違った印象だったりと楽しいです。読みやすいですしね!
>たまには大阪弁
そんなん急に言われても困るわ~って感じですか?
大阪弁はリズムというかイントネーションなんで活字で見るとなんかちがいますね。
その土地の言葉ってとても素敵だと思います。
広島にいた時は広島弁がとても好きになりましたよ。男の人は威勢よく女の人は可愛いんです!
sorako
2009年12月15日 00:01
おさかなさん♪
鳴尾浜は18回でしたw5月に行きすぎな気がしますが・・・そう!好きなんだからしかたないですね♪
しかもわりと間近な姿を見れるのですからw

ナゴドは席を選ばなければチケット大丈夫だと思うんですけど・・・。こられる時はぜひお会いしたいです!ほんと"矢野萌え観戦会"計画しようかしら(笑)
せっかくの土日日程ですもんね。
sorako
2009年12月15日 00:03
kitoraraさん♪
>もゆったりした時代や登場人物の何気におしゃれな雰囲気
ほんとなんというか温かみと品があるんですよね。
あとデヴィッド・スーシェのポアロは雰囲気がほんと原作イメージなんですが、特に目が深い知性を感じさせて素敵なんですよね。
私は矢野さんの瞳といいどうも目に弱いようですw

この記事へのトラックバック